α7RⅣとRX100ⅦをSONYストアで触ってきたのでその感想

噂のα7RⅣとRX100Ⅶを触ってきた

先日発表されたSONYのα7RⅣですが、既に結構Twitterなどでは予約しましたなどの投稿があって賑わってます。

確かにあのスペック出されたら他社と比べて圧倒的ですしみんな欲しくなるのわかる。※1わかるわ

私も発表当初は流石に6,100万画素はいるか?と感じてしまったので買うのは控えようと思いましたが、ちょっと時間ができましたのでSONYに行って実際に触ってきました。

ついでにRX100Ⅶの展示も開始されていたので一緒にその感想なども。

α7RⅣを触ってみた感想

グリップを握った感じ

私はα7Ⅱ、α7RⅡ、α7ⅢとSONYのEマウント機を使ってきましたが、その中でもグリップの握り心地は一番良かったです。

当然一眼レフのようなガシッと「握っているぞ!」という感覚はないものの、今まで散々「SONYのαシリーズは握りにくい」と不評だった部分はかなり解消されていると言っていいでしょう。

ただ握りだけで比べるとまだNikonのZシリーズやCanonのEOS Rなどの方が上かなという印象。握りだけの比較ですが。

今回縦グリでの握り心地は試すの忘れたのですが、SONYストアには縦グリも隣に置いてあって、装着した状態での使い心地なども試せるので気になる人はSONYストアに行って実際に握ってみましょう。

EVFの見え方

EVFは今回かなり性能が上がったということもあり、非常に見やすいファインダーに仕上がっています。

MFでのピントもα7RⅡよりも合わせやすい気がしました。プラシーボかもしれませんが。

連写性能

AFの追従もよく最大で10コマ撮影できるので実際にどこまで試せるのかは気になるところ。

私個人としてもこの部分が一番確認したい機能だったので基本Hi+で試写しまくりました。

α7シリーズは3世代目からかなりAF周りが快適になりましたので、正直なところ短いタッチ&トライでパッと違いに気がつく位の差はありませんでした。

相変わらず快適にピントを合わせてくれます。

バッファをテストしてみた

今回バッファも性能アップしたという話だったので実際に最高連写をした時にバッファ詰まりなしでどこまで撮影できるか試してみました。

使ったSDカードはExtreme PRO UHS-Ⅱ対応の64GBです。

撮影の設定はHi+、RAWで非圧縮というものです。

結果は下記の通り。

・クロップなし(フルサイズ):32枚

・クロップあり(APS-Cモード):81枚

クロップなしの状態で撮影していた感じでは「まあこんなもんか」という感想でしたが、よくよく考えてみると画素数6,100万画素で32枚まで連写できるので十分すぎるくらい速い。

そしてクロップをするとクロップなしよりも倍以上撮影可能です。

流石に高速連写機ならではの「これ永遠に撮影できるんじゃね?」というレベルではないですが、通常の動体撮影においてワンシーンで80枚途切れずに連写というのはあまりないですし、スポーツ撮影などでも終始バッファを切らさずに撮影できそうです。

ちなみにフルサイズのRAWだと1枚123MB、クロップをすると53.2MBでした。

私はRAWで非圧縮という設定でしか撮影をしないので今回のような形でテストしましたが、当然JEPG派の方であれば上記の枚数よりももっと撮影をすることは可能だと思います。

あとはRAWでも圧縮RAWにするともう少し枚数稼げるかも。

連写時のEVFの見え方について

連射時のEVFに関しては正直コマ送り感が強く、カメラを左右に振りながら被写体を追い続けて撮影するのは辛いと思います。

ものによっては撮れなくはないと思いますが、個人的には過度に期待をしないほうが良いかと。

APC-Sクロップにするとかなり見え方が改善する

フルサイズモードだと結構撮影はしにくかったのですが、実際動体撮影をするときはクロップモードで撮影することが多いかなと思います。個人的にですが。

で、APS-Cにクロップして左右にカメラを振りながら連写をしてみると見え方がかなり改善することに気が付きました。

クロップモードであればレフ機と同様とは流石に言い難いですが、十分動体撮影で使えるレベルの見え方になります。

E-M1 MarkⅡと同じくらいかな。

ちょっとストアの方に質問してみた

タッチ&トライは5分のみということで時間が限られていたのですが、その中でちょっとストアの方に質問をしてみました。

AF性能はどのくらい向上してるの?

α7RⅢよりはかなり上昇している。

 

AF性能はα9以下、α7Ⅲ以上という認識でいい?

概ねそれであっている。

 

連写時のEVFのフレームレートは調整できる?

フレームレートの調整はできません。

基本的にAF周りのことばかりですが、とりあえずα7Ⅲ以上と認識していいでしょう。

α9には流石に追いついていないとのこと。

最後の質問の意図としてはカメラによってはバッテリーの消費電力を上げてEVFのフレームレートを上げることができるものがあるので、そのような設定ができるか気になったので聞いてました。

富士のX-T2とかX-T‪‪III‬、OLYMPUSのE-M1 MarkⅡはそういうのできますよね。

RX100Ⅶを触ってみた感想

サイズや重量

サイズや重量に関しては歴代のRX100シリーズと同様なので特に追記する部分もないです。

性能アップさせながらもボディサイズを保ち続けるのはすごいなと純粋に感じます。

ブラックアウトフリーの連写に関して

目玉のα9に迫るAF性能ですが、実際に試してみたところα9で撮影しているのと本当に同じ感覚で撮影できます。

ビビりました。

AFの食いつき、顔認証や瞳AFの認識も良かったのでマジでコンデジとは思えない化け物です。

α7RⅣは使用用途や性能の割に安い。逆にRX100Ⅶはちょっと割高かも

α7RⅣは「とりあえず触りに行ってみるかー」と軽い感じで行ったのですが面食らったというかなんというか。

かなり良い商品だと思います。

今でも6,100万画素はやりすぎだと思いますし、それを活かしきる被写体を自分が撮るかと言われてると唸ってしまいますが、その高画素がクロップ撮影で最大限に活かされているということを実感しました。

クロップをしても2,620万画素ということで多少のトリミングなら耐えられるレベルですし、ファイルのサイズが小さくなることでファインダーの見え方も改善して実用レベル。

そうなると高画素&望遠用途のAPS-C機というものが完全に合わさっているボディになるわけです。

使用用途としてはかなり広くなるのでカメラ2台分と考えると38万円という初値は意外と高すぎないという印象です。

逆にRX100Ⅶですが、こちらは割高という印象です。

確かにAFは爆速ですし、多分これ1台あれば単純に焦点距離が足らないという問題以外では撮影できない被写体はないと思います。

しかし、予想の販売価格が14万〜15万位とのことなので、この値段を出してまでコンデジにこの超速AFを求めるユーザーがいるかどうかというところです。

どっちかというとVlogユーザーよりの機能が充実しているので、スチル目的というよりは動画目的で買う人の方が若干多そうかな?

 

 

いや、それでも動画目的ならあえてRX100Ⅶを選ぶ理由ってサイズくらいで、ちゃんと撮影するならもっと選択肢あるしって思うとどのユーザーに刺さるのかわからない…

「金はいくらでもある!カメラは欲しいけど一眼はでかいからいやだ。そして何でもできるやつが良い」

みたいな超欲張りユーザーにおすすめの商品ですかね。

確実にカメラの進化を提示してくるSONY

SONYの技術革新スピードは他社よりも圧倒的に早く、ここ最近のカメラはマイナーアップデートというよりは明らかに新しいカメラの方が優れているというものを出してくるようになってます。

その進化スピードに置いてかれないように食らいつくのはユーザーとしても苦労をしますが、振り回されるのもまた一興という感じでしょうか。

まだまだ噂が残っているSONYですので、年内はどのカメラを買うか悩みが尽きないことになりそうです。

補足説明   [ + ]

1. わかるわ