カメラのお話 SONY α65① 〜 一眼を買うまで 〜

今回から複数回カメラをお話をしようかと思います。

カメラを購入したきっかけとか今まで使ったカメラとか。

1:一眼を買うまで

僕が一番最初に購入した一眼はSONYのα65でした。

それまではNikonのCOOLPIX P510を使用しており、コンデジの領域でありながらでかいサイズの機体を首からぶら下げて旅行などに持って行っていました。
一眼を買おうとしたきっかけは、上記のCOOLPIXが結構でかかったため「あれ?もうこんなに大きかったらいっそのこと一眼使った方が良いじゃね?」と思ったからです。
コンデジはやはり省スペースで持ち運びができるという部分が最大のメリットですが、それが損なわれてしまったP510を使うのであれば、もっと綺麗な絵が撮れるかもしれない一眼を買った方が後々楽しいではないかと思ったわけです。
P510は42倍ズームという超望遠機能があり、かなり遠くまでズームできましたが、私の使い方ではそこまで過度にズームをすることもなかったので、42倍もズーム機能がいらなかったというのも一因としてあります。
このコンデジを使ったからこそ写真の楽しさも覚えたわけで思い入れはあるカメラなんですけどね。

2:α65に決めた理由

そんなこんなで、さあ一眼を買うぞ!と意気込んで家電量販店に行ったわけだけど、当時「周りの人が使っているメーカーはつまらない」という謎のこだわりにより、Canon、Nikonはそうそうに除外されました。
今思えば非常に馬鹿なことをしたと思います…
Canon、Nikon以外の残りのメーカーで選んでいたのですが、事前にどんなカメラを使ったら良いか調べていなかったためメーカー・機体の特徴が全くわからない状態でした。
そんな状態のなか店員さんに「これAF早いしおすすめっすよ」と教えられたのがα65でした。
SONY製品は昔から好きだし、価格もそれなりに手ごろだったため、勧められるがままほぼ即決で購入。
結果的に良いカメラだったし、ある程度満足はしたのだけど、後々Nikonにマウント替えすることを考えると、メーカーの特徴とか色々調べておけば良かったなあと少し後悔。
一眼はボディも大事だがレンズの方が大事という事を身に染みて学びました(笑)

3:初めて一眼を買う際の注意

これから一眼で写真撮影をしたいという人もいるかと思いますが、コンデジを選ぶ感覚でメーカーを選ぶと後でえらい目に遭います。
レンズ交換をしてそれぞれ味の違う写真を撮影できる事が一眼の醍醐味なのですが、各メーカーのマウント※1レンズとボディの接合部分)が違うため、他社メーカーのレンズは基本的に使えません。
(例外的にPanasonicとOLYMPUSなどはレンズの共有ができます。その他メーカーでもマウントアダプターなどを使えば利用できる場合もあります。
他のメーカーのレンズが使えないという事は、ボディを買い替える際に他社メーカーに乗り換えようとしたら、レンズを最初から選び直さなければなりません。
だから、他社メーカーに乗り換えるのを躊躇してしまうわけです。
これがいわゆる「マウント縛り」という状況。
マウント替えを行うと費用がかなり掛かってしまうため、よっぽどの事がない限り同じメーカーを使い続けるという人が大多数だと思われます。
なので、これから一眼デビューをしようと考えている方は、周りで一眼を持ってる知人にどのメーカーがお勧めなのかとか、可能であればネットで各メーカーの特徴などを確認してから購入しましょう。

そうすれば、私みたいにマウント替えの際に軽く数十万吹っ飛ぶという事態を免れます…

補足説明   [ + ]

1. レンズとボディの接合部分)が違うため、他社メーカーのレンズは基本的に使えません。
(例外的にPanasonicとOLYMPUSなどはレンズの共有ができます。その他メーカーでもマウントアダプターなどを使えば利用できる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。