横浜山手にある西洋館巡りをした話 〜今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」〜

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

今週のお題ということで、今年の夏にどこに行ったかなと思いながら写真を整理していました。
今年の夏は例年よりも結構写真を撮っており(意識的に撮影に出かけていました)どの写真をピックアップするかなーって悩んだ挙句、表題の西洋館巡りをした際の写真を今回紹介することとしました。

というか、他のネタに関しては既にブログ記事にしてしまったりしていたので、消去法で選ばれたという感じもあります(笑)

横浜山手西洋館とは

横浜は街の雰囲気から煉瓦造りの建物だったり、どことなく海外のような雰囲気をもった建築物が多い街ですが、山手には20世紀前半頃に建てられた西洋館がそのまま観光名所として保存されているのです。

建物は下記の7つ。
山手111番館
横浜市イギリス館
山手234番館
エリスマン邸
ベーリック・ホール
外交官の家
ブラフ18番館

それぞれの位置関係はこんな感じ

f:id:syabelog:20160827172042j:image

全部回ろうとすると結構歩くんですよ。
単純に石川町駅から元町中華街まで直線で歩くだけだったらそこまで時間かからないんですけど、かなり迂回をして回るんで歩きやすい靴で行くことをお勧めします。

私は写真を撮りながらなので、普通に観光するよりは時間かかる回りかたをしてたのですが、休憩時間とか入れてだいたい3〜4時間くらいかかったと記憶してます。

西洋館の写真たち

全部を載せてしまうと大変なので一部抜粋いたします。
使用カメラはNikon D800
レンズは50mm F1.8と24-120mm F4の2本です。

f:id:syabelog:20160827172817j:image
50mm(50mm F1.8) F5.6 SS1/400 ISO100

f:id:syabelog:20160827172949j:image
50mm(50mm F1.8) F1.8 SS1/800 ISO100

f:id:syabelog:20160827173024j:image
50mm(50mm F1.8) F1.8 SS1/500 ISO100

f:id:syabelog:20160827173104j:image
85mm(24-120mm F4) F4 SS1/100 ISO1800

f:id:syabelog:20160827173203j:image
120mm(24-120mm F4) F4 SS1/100 ISO110

f:id:syabelog:20160827173253j:image
58mm(24-120mm F4) F4 SS1/100 ISO100

f:id:syabelog:20160827173334j:image
24mm(24-120mm F4) F8 SS1/100 ISO100

f:id:syabelog:20160827173415j:image
24mm(24-120mm F4) F8 SS1/100 ISO100

f:id:syabelog:20160827173954j:image
38mm(24-120mm F4) F8 SS1/640 ISO100

f:id:syabelog:20160827174037j:image
50mm(50mm F1.8) F1.8 SS1/160 ISO280

f:id:syabelog:20160827174133j:image
50mm(50mm F1.8) F1.8 SS1/160 ISO125

f:id:syabelog:20160827174204j:image
50mm(50mm F1.8) F1.8 SS1/160 ISO2500

f:id:syabelog:20160827174237j:image
50mm(50mm F1.8) F1.8 SS1/160 ISO720

西洋館の中は無料で入れますし、中には当時の資料だけでなく、雰囲気を残すためにこものが飾られている所が多いかったです。
なので、一眼レフを構えた人が私以外にも数人常に館内に入る感じでした。

建物の雰囲気だけでも十分被写体として面白いものが撮れるのですが、かなり小物もセッティングしてあるので、写真好きには被写体がそこら中に転がっており、大変楽しめる空間となっています。

横浜って聞くとみなとみらいの赤レンガだったり、中華街のイメージが強いかと思いますが、他にもこんな情緒あふれる観光名所があるので、機会があれば是非訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です