GRⅢ買うよ。FUJIFILMのX100FじゃなくてGRⅢを選んだ理由

GRⅢ買います

いきなり宣言から始まりますがGRⅢ買います。

今年のCP+の中でも結構注目されてたカメラなんで、今予約受付中の間に心がぐらぐらしてる人は多いのではないでしょうか。

高級コンデジの中でも人気の高いGRシリーズですし、この記事を執筆している時に価格.comへ行ったらGRⅢが注目ランキングと売上げランキングで1位でした。

期待が高まってますね。

GRⅢを買う理由とか

元々GRⅡが欲しくて去年買おうかなって思っていたんですけど、後継機が出るとか話が出てきたので発表まで我慢しようと考えてました。

そして発表された内容を見て「うーん。これは買い☆」と頭の中の気になるリストに即登録。

だいたいこういう時は脳内に天使と悪魔が出てきて

買っちゃいなよ。発売日から使いたいだろ?
いや、ダメだよ!稼働率考えたら必要ないよ!

と、せめぎあいをするのが普通なんでしょうけど、どうやら私の頭の中の天使はネジが飛んでいるようでして

とりあえずボーナスまで待てば良いじゃない?

って結局買う方向で勧めてくるんですよね。

南無三

じゃあ発売日に買ってやるわってなりますよね。

しかし、勢いだけではさすがに買えないので、買おうと至るまでにはちゃんとした理由もあります。

手ぶれ補正とタッチパネル

手ぶれ補正は必要派と不要派に分かれると思いますが、私は会社帰りのタイミングで使うことが想定できるので手ぶれ補正は欲しい。

手ぶれ補正搭載は結構理由としても大きいです。

あとタッチパネルもGood。

スナップ撮影している時は素早く被写体に合わせたいためタッチパネル操作が可能なのも非常に大きい。

デフォルトで寄れる

最短撮影距離6cmと非常に寄れる仕様であるため、ふとした時のテーブルフォトにも活躍が期待できます。

実際にどのくらい寄って撮るかはわかりませんが、寄れるというだけで「もっと近づいてみるか」という気持ちにさせてくれるのも事実。

そのちょっとした意識の差で良い写真になるかどうか変わったりするので撮り方の選択肢は多いに越したことはありません。

ダスト除去機能が追加された

GRは口コミやレビューを見る限りダスト問題に悩まされている人が結構多いみたいでした。

レンズ交換式ならレンズを外して掃除とかできますけど、レンズ一体型だとそれは難しいです。

しかし今回GRⅢではダスト除去機能が搭載されています。

割と雑に扱う可能性が高いためこのような機能がついているのは安心要素でもあります。

フルサイズのFoveonが延期になった

実はこれも大きな理由。

SIGMAユーザーとしてはフルサイズのFoveonが出たら買う以外に選択肢はないわけで、今年は間違いなくそっちにお金を使うつもりでいました。

しかしCP+でも発表がありましたが発売が2020年に延期ということで、今年買う予定だったカメラがなくなったため若干余裕ができたとかもあります。

多分フルサイズFoveonが今年の夏〜秋くらいに発売だったらGRⅢ控えてたかもしれません。

何だかんだミラーレスでも出すのが億劫になることが多い

私はX-T2を持っており、通勤時のカバンにも結構突っ込んでいます。

しかしまあ、実際どの程度通勤時にカバンから出すかっていうとだいたい4割くらいです。

ミラーレスがいくら小さいとはいえ、やはり「カメラをわざわざ出す」という行為を億劫に感じてしまうことは珍しくありません。

小さいとはいえ一眼なのでレンズキャップを外し、フードを装着し、そして撮影開始となるので仕事で疲れた頭の状態でそこまでの工程を踏むのが面倒に感じます。

しかしGRなどのコンデジならポケットの中に入れておけばいいのでカメラを出す敷居がぐっと低くなります。

電源ボタン押せば直ぐに撮れるし急に思い立って撮影する時でもストレスを感じることは少ないでしょう。

FUJIFILMのX100Fじゃだめなの?

同価格帯でAPS-Cセンサーで単焦点コンデジといえばFUJIFILMのX100Fがあります。

こたらもかなり評判の良いカメラなので今回購入に踏み切る前に色々と比較もしました。

というか去年GRⅡ買うかX100F買うかで結構悩んでました。

サイズ

まずはサイズ面の比較です。

GRⅢ X100F
109.4mm 126.5mm
高さ 61.9mm 74.8mm
奥行き 33.2mm 52.4mm
重さ 257g 469g

 

こうしてみるとX100Fは結構大きいことがわかります。

ここまで大きいとX-T2を持ってる身としてはX-T2で良くない?って感じてしまいます。

ちなみにX-T2とのサイズを比較するとこんな感じ。

X-T2 X100F
132.5mm 126.5mm
奥行き 91.8mm 74.8mm
高さ 49.2mm 52.4mm
重さ 457g 469g

X-T2はこれに当然レンズ分が加わるわけですが、あまり違いはありませんよね。

奥行きは結構違いますのでグリップした感じだと薄さを感じるものの、横幅がそれなりにあるので普通にガッシリとカメラを持っている感覚になります。

ポケットにも入るようなコンデジがほしいって場合は少し注意が必要ですね。

ただ、カバンにスポッと入れて持ち運びたいという方なら全く問題ないでしょう。

手ぶれ補正の有無

GPⅢには手ぶれ補正がありますが、X100Fに手ブレ補正はありません。

手ぶれ補正に関しては必要派と不要派に分かれると思いますが、私は必要派です。

厳密に言うとあるに越したことはない派です。

日中でしか使わないなら正直いらないですが、私の場合は仕事終わりに夜スナップ用途でも使うことが多くなることが想定されるので手ぶれ補正はあれば嬉しい。

最短撮影距離の違い

GRⅢは最短撮影距離が6cmとなったことでかなり接写がしやすくなっています。

X100Fも10cmまで寄れるのでマクロ撮影は十分可能です。

しかし、スナップで花とかに寄って撮るだけならあまり気にしないかもしれないですが、テーブルフォトでも結構使うことを考えると6cmと10cmの差は大きい。

流石に10cmまで寄れればのけぞって撮るということは起こりにくいと思いますが、自然な体勢で近接撮影ができるのであればそっちの方が便利です。

調べれば調べるほどX100Fもめっちゃ良いカメラということがわかる

今回はGRⅢを買うという選択にしましたが、正直X-T2を持っていなかったらもっと本気で悩んでいたと思います。※1X100FはOVFでも楽しみたいという人は良いかもしれません。携帯性が上がったX-Proシリーズという感じですかね

どちらも魅力的なコンデジなのでどちらを買っても幸せになれることは間違いありません。

ワイコンだけじゃなくてテレコンも用意しているのも良い。(GRⅢもワイコンあるので多分買います。)

ほんと好き。そういうの。

GRⅢはスマホ並に持ち歩くと思う

コンデジの最も強い所はポケットに入ることでしょう。

これは本当に強い。

結局一眼がスマホに押されまくってるのはスマホの方が持ち歩きやすいからです。※2持ち歩きやすいというか生活必需品ですが

いつでも持ち歩けるカメラっていうのはそれだけでも強い。

利便性とかを考えたらSONYのRX100シリーズも良いですがスナップ特化型っていうGRのカッコ良さはありますし、なにより「こいつで写真撮りてー」って思わせてくれる。

正直それがないと軽くても持ち歩かないかもしれません。

そう考えると嗜好性もあるかもしれませんねGRは。

実は…

ここまでかなり熱く語っていますが実はまだ実機を触ってないという笑えるオチです。

CP+行ったのに触るの忘れました。

今思い返せばPENTAX KPを買った時も実機触らずに予約購入した気がします。

歴史は繰り返す。

しかしプロシュートの兄貴も「「買う」と心の中で思ったならその時すでにカートにぶち込んでるんだ」って言っていました(大嘘)

GRⅢを買うことで私はペッシのように精神的な成長をできるのだろうか。

お買い上げはいつものマップカメラにて。

えーいままよ。

※3注文番号は住所と一緒になんとなく消しました

初のGR購入となります。

3月15日が楽しみで仕方ないです。

補足説明   [ + ]

1. X100FはOVFでも楽しみたいという人は良いかもしれません。携帯性が上がったX-Proシリーズという感じですかね
2. 持ち歩きやすいというか生活必需品ですが
3. 注文番号は住所と一緒になんとなく消しました