LINE Payによってキャッシュレス化が促進しそうな1年

2018年6月28日にLINE CONFERENCE 2018が行われ、その場でLINE Payに関する発表が行われました。

 

 

その内容がなかなか攻めているもので、もしかしたらDocomoのd払いや他のサービスが展開しているキャッシュレス決済のサービスよりも日本のキャッシュレス化へ貢献しそうな雰囲気がありましたので非常に期待したいです。

今回の変更点

ユーザー側

ユーザー側の主な変更点は2点です。
・10万円の利用限度額が撤廃
・インセンティブプログラムによって最大還元率が5%になる(通常の還元率に3%上乗せ)
特に2つ目の最大還元率ですが5%ってかなり飛び抜けていますよね。

 

最近話題のKyashは還元率2%ですし※1ちなみにこないだ申込みをしたら殺到していて1ヶ月位かかるとメールで連絡が来ました…、例えばクレジットカードで還元率が高いとい言われている
楽天カードなどは通常決済では1%。

 

色々と条件がついて楽天市場での決済で利用すれば5%前後くらいまではいけますが、それでも楽天サービスを絡めた決済が条件となってきます。

 

ただ、今回LINE PayはLINE Payのコード支払いをするという条件だけで最低でも還元率が3%確保されます。

 

本来還元率が0%である一番低いランクの人でもポイント還元率が3%になり、一番上のグリーンバッジユーザーは5%。

 

還元率5%って日常的に決済として利用して年間通すとそこそこポイント貯まりますのでかなり条件が良いんじゃないでしょうか。

 

店舗側

いくらユーザーが優遇されたとしても肝心の使える場がないと意味がありません。

 

しかし、店舗がLINE Payのコード決済を導入するためのアプリ「LINE Pay 店舗用アプリ」がリリースされ、2018年8月1日~2021年7月31日まで決済手数料が無料になるという太っ腹。

 

ただでさえ「クレジットカードは手数料取られるから導入しない」と頑なに現金支払のみにこだわる店が多いので、そのような店でも「じゃあLINE Payやってみようかな…」と思わせる内容です。

 

というかクレジットカードや電子マネーを導入してない理由が手数料だけだったらLINE Payを導入しない理由なんてないと思うんですけどね。

 

最近はクレジットカードや電子マネーに対応してないってだけで利用するの避ける人もいますし。

 

そして基本的にはアプリ上で決済やり取りを行う形になるので機材の導入費用やスペース確保などもほとんど必要ありません。

 

今回の変化によってキャッシュレス化が促進されそうな理由

ユーザーがわざわざLINE Payを使う理由が出る

日本では現金主義という方が多く、キャッシュレスというものに関しては動きが鈍いです。※2電子書籍は最近ようやく市民権を得たという感じがありますが、かなり時間がかかりましたね。それでもまだ「電子書籍は本じゃない!」って人は一定数いますけど。

 

電子マネーなどを使わない理由としては「設定が面倒だから」とか「あまりお得感がないから」とかが多いと思いますが、今回LINE Payで期間は限定されてしまうものの、一般的なクレジットカードや他のプリペイドカードなどと比べて遥かに還元率が明らかに高いです。

 

このことを考えると、重い腰を上げて使い始める人もそこそこ現れてきそうな気がします。

 

今までLINE Payを使っていない人にとってはLINE Payを使い始めることは「わざわざ使う」ということになるのですが、還元率が異常に高いというのはそのハードルを一気に下げてくれるインパクトのある施策だと思われます。

 

店舗側のLINE Pay導入ハードルがない

先述のようにいくらユーザーにメリットがあったところで店舗にもメリットがないと結局導入する店舗が少なくて普及はしません。

 

それを今回3年間は手数料無料ということなので「手始めに電子決済を導入してみる」という店は一気に増えそうです。

 

普通に考えたら店舗用の決済用スマートフォンを導入するでしょうけど、店長の個人用スマートフォンでも多分大丈夫なわけで※3無理だったらすいません。導入するためのコストがかからないというのは経営者側としてもかなり嬉しいところです。

 

新しいサービスを導入するときは、その導入コストやランニングコストに見合うバックが発生するかという点をシビアに見る必要がありますので、その導入コストがかからなくなって、かつ、LINE Payが使えるからという理由で来てくれるお客さんが現れるのであれば間違いなくプラスの方向へ働くでしょう。

 

LINEが日本のインフラ化している状況

LINEはもはや日本のインフラと化しており、私自身LINE以外のメッセンジャーアプリを使いたいけど「周りが使っているから使わざるを得ない」という状況になっています。

 

だからこそ一定のアクティブユーザーが確保できているわけで、そのLINEアカウントを持っているユーザーがアプリ上で簡単にLINE Payの利用登録ができるのですから強い。

 

日本でもDocomoがQR決済のサービスを開始しましたが、多分勝つのはLINE Payだと思います。

 

d払いは一応dアカウントがあればキャリアにこだわらずに利用することができますが、当然のことながらDocomoユーザーが優遇されますし、新しくd払いのアプリをインストールし、場合によってはアカウント作成もしなくてはいけない手間を考えると多分無理して利用することはないかなと思います。

 

特にIT関係に強くない人からしたらアカウントを作るというのは大変な作業なわけで、それだけでもd払いが一般的な決済として普及するのには時間と労力が必要だと感じています。

 

しかしLINEに関しては連絡手段なので「とりあえずアプリは入れてる」という方はかなり多いはず。

 

すでに「LINEアカウントを作る」というファーストステップはクリアしている方がほとんどだと思うので、d払いよりかなりアドバンテージはありあます。

 

一度キャッシュレス化が進むと一気に加速はする

「支払いは現金だけ!」と言いながらも一度キャッシュレスを体験したら結構抜け出せなくなる人多いと思います。

 

個人的にはLINE Payを使った割り勘や送金が便利なので、居酒屋チェーン店や大学近くの飲食店を中心に導入が進んでいば結構波に乗るのは早いのではないかと。

 

カメラでも「ミラーレスは使わない」と言っていたのに「ミラーレス最高!」と手のひらクルーになっている方も多いですし、食わず嫌い的な感じで疎遠していた方にとっては利用ハードルがかなり低いところまでお膳立てしてもらってるLINE Payはキャッシュレス決済のスタートしていいと思います。

 

ちなみに私は今週は財布の中には800円くらいしか入っていませんが全部Apple Payで乗り切っています。

 

乗り切れてしまうから現金を引き出すことを忘れるという循環にハマるのですが、とはいえ現金がなくてもほとんど困らなくなってるというのは私自身身をもって感じています。

 

 

個人間の送金は慣れると本当に楽ですからね。

 

それだけでもとりあえずもっと普及してほしい。

 

補足説明   [ + ]

1. ちなみにこないだ申込みをしたら殺到していて1ヶ月位かかるとメールで連絡が来ました…
2. 電子書籍は最近ようやく市民権を得たという感じがありますが、かなり時間がかかりましたね。それでもまだ「電子書籍は本じゃない!」って人は一定数いますけど。
3. 無理だったらすいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。