ブログで記事を書く時に使ってるツールとか色々

f:id:syabelog:20180109003440j:plain:w600
ブログ運営をする上で何使ってるの?という話はよくするのですが、とりあえず現在主に使っているツールとかその他諸々についてまとめました。

自分がそうなんですが、他の人がどんな感じでブログ書いているか気になるタイプなので、もし参考になる部分があれば幸いです。

ハードウェア環境

記事を書くにはパソコンなりスマートフォンなりデジタルデバイスが必要です。

ブログを始めた当初と比べると結構様変わりしていますが、基本は「日常生活の中でブログを書きやすくする」という軸で選んでます。

なので自分の環境が変われば必然的にデバイスの変更が起きることとなります。

現在使っているデバイスは下記のもの。

MacBook Pro 13インチ 2015

いま一番ブログ執筆で使っているのがMacBook Proです。

元々Macは大学生の時から使っていたこともあったので久々のMacBookとなりましたが、やっぱMacMacで使いやすい。

ノートPCということで持ち運ぶことを前提にして購入したわけですけど、Macトラックパッドは秀逸ですね。
WindowsSurfaceとかかなり使いやすい部類に入りますけど、マウスとか使いたくなりますし、タッチパッドだけで完結させようとするとストレスが溜まることもあります。

それに比べてMacトラックパッドは指の吸い付きもいいので基本的にマウスは使いません。
ジェスチャーも便利だしね。

なおカバンを一度落とした時にMacBookへかなり強い衝撃がいったようで、ディスプレイを閉じた時に少し歪んでしまっています。
動作に全く影響はないし、歪みも微々たるものなので気にはなりませんが、キズモノとなってしまったことは事実。

今までMac用品やある程度使ったら下取りに出して買い換えるということをよく行っていたのですが、今回のMacBook Proは壊れるまで使い潰すこととなりそうです。

iPad Air2

以前はiPad Proの12.9インチを持っていて、iPad Proメインでブログ記事を更新していたのですが、MacBook Proの購入と合わせてリプレイスされました。

ただ、タブレットがないと色々と不便だよなーと思い値ごろな端末ということで目に留まったのがiPad Air2。

Airの無い無印のiPad現在最新モデルですが、特に最新CPUも必要なかったので型落ちiPad Airでいいやという結論に。

iPad Airなら安く手に入るので、今なら割りとお買い得な買い物になるんじゃないでしょうか。

ごろ寝しながらのネット閲覧やLightroom CCでのレーディング・軽い補正作業で大活躍中です。

Bluetoothキーボード

iPad Pro時代から使用していたBluetoothキーボードをiPad Air2でも引き続き使用しています。

www.microsoft.com

このキーボードの利点はとにかくコンパクトであること。

仕事の合間やちょっとした時間に記事を書いたりする時にiPad Air2+Bluetoothキーボードの組み合わせを使ったりします。

【関連記事】
www.syabelog.site

iPhone7

今までサブ機としてiPhone5sを使用していたのですが、電源ケーブルから抜くと電池残量が0になるという状態になってしまったためiPhoneの買い替えをしました。

サブ機扱いで買う予定だったのでiPhone8じゃなくてiPhone7で良いやと思いましたが、Apple Payが便利なのでメイン機だったAndroidから椅子を奪う形になってしまいました。

ブログ関係のでの使い方では主にネタのアウトプット。

「こういうテーマで書こうかな」と思いついたらとりあえずメモ帳に仮タイトルと内容についてついて簡単にiPhoneで記入をします。

この作業は通勤電車などちょっとした時間ですることが多いのですね。

ASUS Zenfone3 ultra

基本的にはiPhoneと同じ使い方です。

一応メイン端末だったのですが、iPhone7にメインの座を奪われてしまい活躍の場がかなり減ってしまいました。

去年Zenfone3 ultraを道に落としてしまい、車に惹かれたためバキバキに割ってしまうという事件が起こりましたが、年末に再度購入をしました。

www.syabelog.site

やっぱファブレット便利だなーと思う反面、今の自分の環境にマッチしていない部分も出てきたので運用方法については再度考えなければと思っています。

ハードウェア環境はちょっと変更を考え中

先ほど「自分の環境が変われば必然的にデバイスの変更が起きる」と書きましたが、まさに現在そのような状況です。

去年は主にフリーランスとして働いていたのですが、ご縁があって現在は会社勤務となっています。*1

通勤がなく自由気ままなフリーランスから「通勤」がある会社勤務になったので、今のデバイスの構成を作った時と現在の状況は結構相違があります。

今は休憩時間とかも使って記事を書くのですが、毎日MacBook持ち歩くの面倒だし、よく行くカフェのWi-Fiの繋がりが悪いしでMacBookを通勤で持ち運ぶのが億劫となっています。

ブログ執筆用としてSurface3(LTE)を買おうか悩んでいますが、iPad Air2もあるしそこまでする必要あるかなーと悩んでいます。

仮にSurface3買ったら人生で3度目の購入となります。

ここまでSurfaceを買う人もなかなかいないんじゃないでしょうか(笑)

ツール

デジタルデバイスがあればブログ執筆は可能ですが、よりブログを運営しやすくするため、記事を作りやすくするためには様々なツールが必要になります。

はてなブログアプリ

私のブログははてなブログを使用しているので、ブラウザのみでも完結できるのですが、iPadで執筆したりスマートフォンから投稿した記事の情報を確認したりする時にはスマートフォンのブラウザから見るよりアプリを介した方が確認しやすいです。

iOSAndroid版両方使っているのですが、正直アプリの完成度としては低く感じてしまいます。

そのあたりの苦悩は過去の記事でも書いてます。

www.syabelog.site

www.syabelog.site

アプリがもうちょっと改善してくれれば記事執筆も楽になるので、はてブ始めようかなって人増えるかもしれないんですけどね。

特にタブレット版は機能を充実させてほしい。

開発も大変だと思いますが是非頑張って欲しいところ。

play.google.com

Google アナリティクス

自分のブログにどのくらい人が来ているのか、どの記事が読まれているかなどを細かく分析をするためにはGoogleアナリティクスを使用するの一番です。

はてなブログにもアクセス分析という項目はありますが、あまり細かく見ることはできないので、個人的にはGoogleアナリティクスの方がおすすめです。

Googleアナリティクスはできることが多いので「何をすればいいのかわからない」という壁にぶち当たり挫折する人が多数いますが*2数字が読めるようになってくると、変動が楽しいのでずっと眺めていられます。

まだ設定をしていない人はとりあえず設定だけでもしてみましょう。

Google サーチコンソール

Googleアナリティクスは結構知名度あるので使っている人も多いかもしれませんが、サーチコンソールは使っていないという方は結構います。

サーチコンソールは登録したウェブサイトにどのような検索ワードで流入しているのかという情報がわかるため、自分のブログに来る人はどのよなニーズを持っているのかということを可視化する時に役立ちます。

サーチコンソールの利用はSEO的な要素が強くなるので「サイトを育てたい」と考えている人や「検索順位を上げたい」など考えている人にとっておすすめのツールです。

私の場合は毎日確認しているわけではないのですが、流入キーワードに合わせて情報を追記したりもします。

長期的なサイトリフォーム作業をする上で欠かせない存在です。

Google AdWords

Google AdWordsは広告での利用をしてるわけではなく、主にキーワードプランナーでの利用です。

検索ボリュームを調べたり、タイトルを決める時に似たような単語どっちを使うかということで客観的な数字を見るために使っています。

↓このように検索ボリュームなどがわかります。
f:id:syabelog:20180108132516p:plain:w600

記事のタイトル決定する時に毎回使っているわけではありませんが、自分の記事が全く見られないよりは多少でも多くの人の目に留まってほしいので使ってるという感じ。

次に紹介するサジェスト検索などをメインにするのであればキーワードプランナーは特に必須ではないかもしれません。

サジェスト検索

正式名称は「関連キーワード取得ツール」というもの。
関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

Googleで検索する時に単語を入力するとサジェストが出てきますが、これを一覧で見ることができるツール。

どうしてサジェストが大切なのかというとサジェストで出てくる単語というのは検索ボリュームの多いキーワードの組み合わせになるので、その単語をタイトルに設定すれば流入する可能性が高くなるのです。

ただ、サジェストワードを入れたから必ず検索上位に上がるというわけではありませんのでご注意を。

Visual Studio Code

Microsoftからリリースされているテキストエディターです。

Visual Studio Code – Visual Studio

普段の仕事ではこのVisual Studio Codeを使ってHTMLとかいじったりするわけですけど、私は普段のメモ帳や記事を執筆する時のアウトプットツールとしても使います。

はてなブログの場合はブラウザから直接記事の書き込みをして下書き保存をするという方法もありますが、回線状況が良くない時は更新時に通信エラーが出て書いた文章が全て消えてしまうことが多発していたため、Visual Studio Codeを使ってオフラインで文章を作成することもしばしばあります。

テキストエディターに関してはその人の使い方や好みによってどのテキストエディターが良いかというのが変わってきますので、実際にダウンロードして色々試してみるのが良いと思います。

Xmind cloud

【重要】XMind Cloud サービス終了のお知らせ | XMind

いわゆるマインドマップ

一時期異常なまでに流行りましたが、ブログなどでネタのアウトプットなどで使用すると結構良いものです。

一つのテーマに対していくつか項目を枝分かれのように出していき、そこから見出しなどの構成を作る時に使っています。

たまに記事を書きながら「この記事の方向性がわからなくなってきたぞ…」となる時があるので
「内容がとっちらかってしまったのでまとめたい!」時に活躍します。

今まで書いた最近では記事のカテゴリーをまとめる時に役立つかなと思っていますが、作業は遅々として進んでいません。

スプレッドシート

一昔前ならMicrosoftExcelになるんでしょうけど、最近はもっぱらスプレッドシート推進派です。

スプレッドシートはブラウザさえ開ければどこでも作業可能ですし、Officeのように重くないので比較的低スペックなパソコンでも作業は可能です。

最近重宝している理由としてはGoogleアナリティクスとの相性が良いとか、関数で違うファイルのシートから情報を持ってくることができるなど、Excelではできなかった使い方が快適ということが挙げられます。

みんなスプレッドシートを使おう。

toggle

Toggl – Free Time Tracking Software

主にタイムマネジメントで使っています。

といってもヘビーに使っているわけではないので、気が向いた時に使う程度。

フリーランスの時は特に自分で時間管理しないと時給換算で最低時給を下回るということがよく起きていたため各作業をするごとにtoggleを使っていました。

ブログを始めたばかりのことはtoggleのようなタイムマネジメントサービスを使って「自分は一つの記事を書くのにどのくらい時間がかかるのか」ということを把握するこが大切です。

ある程度自分の執筆スピードがわかると「あと○○分で完成するかな」という予測がつくので終わりの無いトンネルを走っている気分はなくなります。

ブログは常にアウトプットできる環境を作るのが大事

記事のネタが頭に降ってくるタイミングは突然来るのでパソコンに向かわなくてもある程度ネタを残す習慣や環境整備をすると「記事何書くかなー」って悩みは少なくなります。
ちゃんと文章として構成するかどうかはまた別の話ですが。

最近では特にiPad Proの存在もあり、文章作成ということに関しては必ずしもパソコンは必要ない時代となってきました。

自分の環境に合わせて試行錯誤するのも楽しい反面、悩みが尽きないのが大変ですが…

*1:詳しい経緯とかフリーランスと会社勤務どうだった?とかは後日記事にする予定です

*2:私自身も一度挫折しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です