Apple Pencilの代用でAmazonから格安サードパーティ製を買ったら予想以上に実用的だった

スポンサーリンク
Apple
スポンサーリンク

せっかくiPad買ったならApple Pencil欲しいよね?でも高いよね

最近の iPadはApple Pencil対応の端末も多いので「どうせならApple Pencilを使いたい」と思う方もいると思いますが、Apple Pencilってアクセサリーとしては地味に高いんですよね。

ガッツリとペンデバイスを使う予定であればApple Pencilを買わないという選択肢はないでしょうけど、たまにメモを取るくらいの使い方だとそこまで投資をするか悩みます。

私も絵を描くわけではないけどたまにペンを使いたくなるくらいの使用率だったので、 iPadを今のiPad Proに買い替える時に結構悩みました。

ただ、最近はサードパーティでもApple Pencilに見た目も近しい商品が増えてきていて意外と評価も高い。

そして「じゃあ買ってみるか!」と思ったので試しに使ってみた話です。

そもそもApple Pencilがなんで高いのかという理由

Apple Pencilはペンです。

ペンに1万円以上お金を払うわけです。普通に考えて高いです。

でも冷静に考えて高いなりの理由はあります。

磁気コネクタでの充電が可能

まずこれは第2世代のApple Pencil限定となってしまいますが、磁気コネクタがついており、iPadの側面に装着するだけで充電が可能となります。

これはこの充電をするシステムをペンの中に組み込む必要がありますし、それだけでも費用がかかります。

通常のケーブルを繋いで充電する方式よりはコストがかかってしまうわけです。

筆圧検知、傾き検知の精度が良い

Apple Pencilは筆圧検知や傾きの検知も優秀です。

今回私が購入したペンも想像以上に筆圧検知と傾き検知はしっかり反応していましたが、純正であるApple Pencilの方が当然ながら精度が高いです。

簡単なメモを取る程度であればそこまでストレスになることはないですが、iPadでイラスト描いている方だと、このあたりの精度の差でストレスを感じてしまうことはあるかもしれません。

レイテンシー(遅延)の少なさを最大限に活かせる

iPadのリフレッシュレートはどんどん上がっていき、レイテンシー(遅延)もどんどん少なくなっています。

この機能を最大限に活かしたい場合は純正のApple Pencilで最適化されていくはずなので、今後さらにペン周りで性能が上がったとしても、サードパーティのペンだとそのアップデートに追いついて行かない可能性もあります。※1当然時間が経てば対応品も出るでしょうけど、少なくとも現在持っているサードパーティのペンが即時対応するかは微妙

格安のサードパーティ製で代用できるのか試してみた

色々と改めて純正Apple Pencilの高い理由について振り返ってみましたが、今回のテーマは格安のペンで代用できるかというものです。

で、今回買ってみたのはAmazonで販売されているKINGONEというメーカーの製品。

記事執筆時だとAmazonでの価格は約3,200円ということで、純正のApple Pencilと比較すると12,000程度の差があります。

かなり安い。

シンプルな箱です。

一応説明書が入っていますけど、最低限の情報だけなので目を通すとしてもサラッと見るくらいで言いと思います。

こちらのペンはUSB-Cの端子で充電をするタイプです。

Apple Pencil第1世代の充電方法よりはマシですが、Apple Pencil第2世代のようなにスマートに充電することはできません。

このあたりは運用での好みが出てきそうです。

地味に嬉しかったのがしっかりと替芯がついていたこと。

3つのほど入っていますので、そこそこヘビーに使う方もしばらくは替芯を買わなくても大丈夫でしょう。

ちなみに私はたまに使う程度なので、購入してから数ヶ月経ちますがまだ一回も替えていません。

マグネットにも対応しているので持ち運びは◎

マグネット機能がついたのはApple Pencil第2世代からですが、KINGONEのペンにもマグネットは搭載されています。

ただ、上記に書いたようにあくまでもマグネット機能のみとなるので、iPadにくっつけておいて自動的に充電するというのができません。

書き心地は想像以上に良い

ペン端末で一番重要なのが書き心地。

他の機能がどんなに良くても価格が安くてもここが悪ければ全部ダメです。

で、実際にメモ用途として使ってみた感じとしては、正直Apple Pencilとそんなに遜色ないと感じています。

実際に書いてみた画面をキャプチャしてみました。

アプリはGoodNotes 5を使用しています。

私は純正のApple Pencilを使ったことがありますが、本当に想像以上に出来が良かったです。

イラストを書くような方はもっとシビアに評価をすると思いますが、簡単にメモを取るくらいの用途であれば純正もサードパーティもほぼ変わりません。

格安Apple Pencil(?)も候補の一つに入れてみよう

Apple Pencilはそこそこするアクセサリーですし、iPadを買ったらセットで買う商品の一つとなります。

ただ、保護フィルム・ケース・キーボードなど他にもアクセサリーを購入していくと、アクセサリー類で気がついたら数万円分使っていたというのも珍しくないです。

純正にこだわるなら純正Apple Pencil択一となりますが「そこまでこだわりないし、たまにメモをするだけ」なら格安なサードパーティApple Pencilを候補に入れてみていいでしょう。

格安Apple PencilはAmazonで検索をするといくつか出てきますので、今回わたしが語った使用感はあくまでもKINGONEの使い心地となります。

他のメーカーのものを検討する場合はそのメーカー名で検索をおこなってレビュー等を確認してから購入するようにしましょう。

補足説明

補足説明
1当然時間が経てば対応品も出るでしょうけど、少なくとも現在持っているサードパーティのペンが即時対応するかは微妙
プロフィール

Webマーケティング・ライター・カメラマンと幅広くお仕事させていただいております。
ガジェットやカメラ系の話題が多いです。

カメラは複数のマウントで運用中。
SIGMA・SONY・FUJIFILM・RICOH

お問い合わせは下記のメールまで
syabelog@gmail.com

わっちをフォローする
Apple
スポンサーリンク
わっちをフォローする
しゃべろぐ〜カメラとガジェットのブログ〜
タイトルとURLをコピーしました