写真管理の観点から考えるクラウドストレージの比較【Google フォト (Google Drive) ・ OneDrive ・ Amazonプライムフォト】

一眼で色々と撮影をしていると立ちはだかるのがデータ管理。

 

今回は写真管理という点からみたクラウドストレージの簡単な比較とか使ってみた感想です。

 

写真のバックアップを取ろう

写真を撮る人にとってバックアップをどこに置くのかというのは悩みのタネになることもあるのではないでしょうか。

 

私は最初の頃メインPCの中に「写真」というフォルダを作成してそれだけで管理してました。

 

今は基本クラウドにあずけてます。

 

自分の外付けストレージで管理してた時期もあったんですが、定期的にバックアップを取り直したりするのが非常に面倒で結局やらなくなったりしたのでクラウドが性に合ってたんでしょう。

 

それにクラウドストレージに預けるとアカウントが消滅しない限りほぼ確実に安全な管理ができますし。*1

 

最近は一眼だけでなくスマホカメラも高画素になっているのでファイルサイズもかさみがちになりますから写真付きの人は遅から早かれクラウドストレージに手を出す結果になるんじゃないかなと思います

 



クラウドストレージを使うにあたって

クラウドストレージサービスは現在かなり多く存在します。

 

今回は私が使ったことのあるサービスのみにピックアップしますが、大手サービスばかりなのでこれからクラウドストレージの運用を考えている人は今回挙げる中から選んで特に問題ないと思います。

 

私が今まで使ってきたのはDropboxGoogle Drive OneDrive、Amazon プライムフォトの4つです。

 

ただ、Dropboxに関しては写真のバックアップとして本格的に使用したことはないので今回の比較はDropbox以外で行います。

それぞれの簡単な機能紹介とか比較など

Google フォト

www.google.com

 

もしかしたら一番使ってる人が多いんじゃないかというサービス。

 

Androidを使う時にGoogleアカウントは必須ですし、その際にストレージも付与されるので知らないうちに使っているということもあるのではないでしょうか。

 

容量は実質無料&無限です。

 

凄いじゃん。
じゃあもうGoogleフォトで決まりじゃんと思うかもしれませんが、それはまだ早計です。

 

無料領域で使おうとするにはアップロードする際のファイルサイズを制限する必要があります。
アップロードできるサイズは「高品質」か「元のサイズ」という2種類。

 

この高品質は1600万画素の写真と1080pの動画というサイズに変換されます。*2

 

よって、一眼レフなどで撮影した写真はサイズがかなり圧縮されることになります。
一応、劣化は最小限に防いでクオリティを維持したままにしますと言っていますが、それでも本来持っている情報が削減されてしまうというのはちょっと使うの躊躇します。

 

オリジナルサイズでアップロードする場合はGoogle Driveの領域となるので、無料の15GBで収めるか別途追加容量を購入するかということになります。

 

こう考えるとGoogleフォトは一眼ユーザーではなく、スマホで写真を大量に取る人向けですね。

OneDrive

onedrive.live.com

 

OneDriveはMicrosoftが提供しているクラウドストレージです。

 

かつてはSkyDriveという名前でした。
懐かしい。

 

このクラウドストレージはGoogle フォトのように一定のサイズ以下であれば容量に加算しないというものはなく、純粋に追加していったファイル容量がそのまま反映されます。
しかし、無料の領域は5GB。*3

 

よって、あっという間に容量がいっぱいになります。

 

しかし、OneDriveはOneDrive単体で使うというよりOfficeサービスと組み合わせて使えるのがメリット。

 

Googleも一応ドキュメントやスプレッドシートをオンラインで利用できますが、やはりそのような領域はMicrosoft Officeが覇権を握っているので互換性などを考えると純正で使いたいです。

 

Office OnlineはMicrosoftアカウントを取得すれば無料で使用できるので、Office買うお金がないけど、一時的にOfficeを使いたいなどという大学生などにおすすめ。*4

 

そして、余裕があればデスクトップ版もダウンロードできるOffice365を契約するといいでしょう。
Microsoft Office 365 Solo – 最新のアプリケーションとクラウド サービス

 

こっちを使うとOneDriveも1TB付属されるので一気にお得感が増します。

 

私も以前はOffice365 soloに契約してOneDrive上で全部のデータを管理してました。

 

OneDriveを本格的に使おうという人はOfficeソフトをどの程度使うかという事を考慮して契約するのがいいでしょう。

 

だけど良い面ばかりではありません。

 

OneDriveはGoogle Driveなどに比べて同期がかなり不安定&速度が遅いです。

 

私みたいに写真は殆ど一眼の写真(しかもRAW撮影中心)しかない場合は、一回の撮影が終わってバックアップを取る時に恐ろしいほど時間がかかります。*5

 

このあたりは大容量&大量にデータの行き来をさせるユーザーにとって不満が出そうな部分。

 

時間が経てばバージョンアップ等で、良くなるかなと思っていましたが、結局未だに解決してない気がしますね。

Amazon プライムフォト

www.amazon.co.jp

 

現在写真のバックアップとしてメインに使っているのがAmazonプライムフォトです。

 

このサービスの一番の魅力は画像ファイルなら容量無制限で1ファイルあたりのアップロード制限もないところです。
しかし写真以外のファイル(テキストや動画)は使用容量にカウントされるので注意してください。
無料ストレージは5GBです。

 

私がAmazonプライムフォトに目をつけたきっかけは、今年の年明けの時点で写真ファイルだけで800GBを超えており、OneDriveの1TBがパンパンになってしまっていたことでした。

 

私のストレージの殆どが撮影データのためこれを外に逃がせればOneDriveがかなり楽になる!と思ったので移行作業をして、現在のバックアップはAmazonプライムフォトがメインです。

 

元々Amazonプライム会員ということもあったので、一応追加料金なしで利用できましたし、そこまで心と財布の負担は感じませんでした。

 

アップロード速度に関してもOneDriveよりも速いしそこそこ使えます。

 

それにしてもAmazonプライムはホントお得ですね。
一般会員とプライム会員の差が激しすぎる…

クラウドストレージの使い分け

現在はAmazonプライムフォトを中心に写真のバックアップをしてますが、上記のように動画ファイルなどは容量無限というわけではないので、クラウドストレージを使い分けてます。

 

Amazonプライムフォトは本当に写真のみ(RAW・JPRG)で他のファイル(テキスト・動画など)は引き続きOneDriveを使用してます。

 

AmazonにもUltimateというどんなファイルも無制限で使えるプランがあるんですが、Office365を契約している以上1TBのOneDriveを使いたいという気持ちもあるので無理やり使ってます。
メディア関係のファイルでサービスが切り離されてしまうのは若干面倒ですが仕方ない。

 

https://www.amazon.co.jp/clouddrive/homewww.amazon.co.jp

 

※2017年8月15日追記
OneDriveの動作の不安定さと同期の遅さに痺れを切らしてOneDriveは切り捨ててGoogle Driveに切り替えました。
元々Google Driveで1TB契約はずっとしていたので再契約する形となりました。
Office365契約しているんだから付属のOneDrive使いたいけと、あまり実用的ではないとなると使いたくなくなりますね。

Amazon プライムフォトはUIが使いにくい

Amazonプライムフォトをメインに使い始めてしばらく経ちますがいかんせんUIが使いにくいです。

 

パソコン版のブラウザは他のサービスと同じ程度ですが、スマホ版がかなり使いにくいです。
検索性が皆無なんじゃないかと言うくらい使いにくい。*6

 

なので、スマホタブレットではAmazonプライムフォトは開きません。

 

完全にバックアップ専用として稼働させてます。

番外:ある意味最強なのがAdobeLightroom

ここまでバックアップと言う観点で各クラウドストレージについて感想を書きましたが、実は一番使っている写真管理ソフトはAdobeLightroomです。

 

www.adobe.com

 

LightroomAdobe CCに契約するとスマートプレビューをモバイルアプリで同期できるため、写真管理に関してはもっぱらLightroomばかり使ってます。

 

通常の写真管理ソフトだとオリジナルデータがないと開けないことが往々にしてありますが、スマートプレビューは作成するとオリジナルファイルがなくても開けることができるので容量を圧迫しなくて便利。

 

helpx.adobe.com

 

いつもの私のルーティンはこんな感じ。

 

①:撮影
②:RAWデータをLightroomに読み込んでスマートプレビューの作成、コレクションの作成
③:AmazonプライムフォトにRAWデータのアップロード(動画はOneDriveへ)

 

その後の補正作業や写真管理はLightroomで一貫して行っています。

 

ただ、この機能はAdobe CCじゃないと使えないんで注意してください。

今後のデータ容量はどうなるのか

これから3000万画素以上の高画素機や4K・8K動画を撮影できる機材はどんどん出てくるわけで、正直半端な容量のクラウドストレージだと一回の撮影で容量なくなります。
むしろ足りなくなります。

 

現在の私のカメラの使い方は写真中心ですが、今後は動画もちょっとやりたいなと思うと契約しているOneDriveの1TBもあっという間に失くなるんじゃないかとビクビクしてます。

 

もしかしたらそのうちAmazon DriveのUltimate契約しちゃうのかなあ。
高いけど背に腹は代えられない。

*1:サービス終了したら全部終わるとかいうツッコミはあるかと思いますが、そこはスルーでお願いします。

*2:当然、一眼ユーザーでもある程度の圧縮は問題ないよ!って人はガンガン使ってい良いと思います。

*3:ユーザーを招待したり、スマホから自動アップロードをオンにしたりすると無料容量が増えたりします。

*4:Office Onlineはブラウザ経由から使用するので当然の事ながらオフラインでは使えません

*5:一晩放置して朝確認したら同期エラーになってるなど結構ありました。

*6:最初見た時に他のサービスと比べて、その使いにくさに驚愕しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。