SEOにおけるドメインの権威性(ドメインオーソリティ)と検索順位の関係について考察

f:id:syabelog:20180424003235j:plain

ドメインオーソリティとは

SEO界隈でたまに話しに挙がるドメインオーソリティ
ドメインパワーとも呼ばれますね。

ドメインオーソリティとはその名の通りドメインの権威性=信頼性という意味合いで使われることが多く、特に昨今のGoogleの検索アルゴリズムにおいてある程度ドメインオーソリティというものは影響していると思われます。

今まではそのページに検索ワードに関連するものがどの程度含まれているかが重要視されていましたが、結果としてDeNAWELQ(ウェルク)問題のように、キーワードが入っていれば検索上位に上がってきてしまうということが起きてしまうため、そもそもそのサイトは権威性=信頼性*1のあるサイトなのかという部分でもふるい落としをしようというわけです。

Googleは昔と比べて検索汚染に関して非常に敏感なので現在、または今後サイト運営やブログを開設してる人で「日記ではなく自分の書いた記事を多くの人に読んでもらいたい」と思っている人はドメインオーソリティという項目にも注意しながら運営をしましょう。

ドメインオーソリティの調べ方

ドメインオーソリティを調べる一番簡単な方法はMozでサイトURLを打ち込んで調べるというものです。

moz.com

元々MozはSEOマーケティングやコンサルをしていた会社で、そもそもドメインオーソリティという概念自体もMozが提唱し始めたと言われています。

f:id:syabelog:20180423134050p:plain

スコアは100を最大としてドメインスコアとページスコアの両方を確認することができます。

多分大体のブログは20~30くらいだと思います。

それ以上は相当な大規模サイト(例えば価格.comなど)や公式サイトくらいでしょう。

仮にドメインスコアが低くてもそこまで気にしなくて大丈夫です。

結局どの程度参考になるの?

ここで注意しなくてはいけないのが、あくまでもこのドメインオーソリティというものはMozが勝手に数値化しているだけであって、Googleからの評価そのものではないということです。

ドメインオーソリティやページ・オーソリティは、グーグルのSEOとは一切関係ない。Mozがやっていることにすぎない。
Mozの連中は本当に賢いやつばかりだから、その数値にはちゃんとした使い道があると私はわかっている。だが、グーグルではまったく使われていない。
だから、出てきた数値が困惑するようなものだったとしたら、ランキングに影響することはないから心配しなくていい。

引用元:検索アナリティクスで順位が大下落! でも表示回数は増加? 何が起きてるの?【SEO記事12本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

GoogleGoogle自身でそのドメイン(サイト)の信頼性をスコア化していると思いますが、Googleは検索アルゴリズムに関して明確に説明していないためMozのスコアはあくまでも予想という範疇は超えません。

とはいえ、MozはSEOスペシャリストなわけで、スコアが高ければSEO的に上手くいっている可能性も高いでしょう。

あくまでも参考程度と考えてスコアと向き合うのがちょうど良さそうです。

ドメイン年数との関係

ドメインオーソリティは長く使われてるドメインの方が有利とも言われています。

つまりドメインを取得してコツコツとサイト運営していると次第に上がっていくということです。

全く更新などはしておらず放置状態であれば評価されることは難しいかもしれませんが、少なくとも長期運用した実績をGoogleは一定評価してくれます。

実際にサイト運営をすると途中でよっぽどバズらない限り3ヶ月や半年スパンでないとオーガニック流入数はあまり変化しません。

「よく分からないけど流入が増えた!」というのはGoogleが特定のページだけでなくサイト全体を評価した証でもあるので、ドメインパワーが増したということと同義になるでしょう。

逆に落ちた時がヤバいんですけど…

行き着くところはコンテンツの充実になる

ドメインオーソリティの話になると目的と手段が逆になるパターンが多く見受けられます。

ドメインスコアを高めることが目的ではなく、コンテンツの充実やサイトの健全な運用が結果的にドメインスコアを引き上げる形になるのです。

なので、被リンクを多くしたり、小手先でセッション数を増やせばいいというわけではなく*2いわゆるホワイトハットSEOという手法で試行錯誤することが一番の近道となるでしょう。

個人的にもドメインオーソリティが検索順位に及ぼす影響などは正直なところあまり無いようにも感じます。

例えばブログで新しい記事を書く時に、その検索キーワードに合致する内容であればドメインオーソリティの高さに関係なく検索結果の中に表示されることになりますので、そこからCTRを上げるにはスニペットの編集や、タイトルのものの変更も含めて数字を追っていくことが重要になります。

おそらくGoogleのいうサイト自体の評価を高める一番のメリットはGoogleが定期的に行うアルゴリズムの影響を受けにくくなることでしょうか。

Googleのいうサイトの権威性(専門性)を評価してもらうには何より記事の追加とユーザビリティの向上なわけで、結局はコンテンツの充実に行き着くというのがSEO的な答えになると思います。

*1:または専門性という観点も評価対象です

*2:被リンクも評価対象になっていることは事実でしょうけど、あくまでも適切な被リンクがされている場合に限ると思います。闇雲に被リンクを稼ぐことは逆に評価を落とす可能性すらあるので注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です