【レビュー・作例】TTArtisan 35mm f/1.4 cは9,000円とは思えないクオリティだった

カメラ

最近勢いが強くなっている中華レンズ界隈

昔は中華系レンズといえば「安かろう悪かろう」とう印象も強かったですが、最近は結構頑張っている印象を受けます。

韓国のサムヤンなどはその先駆者(?)的な存在だと思うのですが、なかでも銘匠光学と七工匠は特に勢いです。

といっても、メインストリームとして勢いがあるというよりは、一部の界隈で熱狂的に支持され始めている感じですね。

共通しているのはどちらも中国深センの会社です。

流石にまだ国内純正レンズやTAMRON・SIGMAほどの技術はないかもしれませんが、MFレンズで単焦点なら結構良い感じのレンズが増えてきています。

中華系ならサムヤンとかはAFレンズも増えてきていますし。

TTArtisan 35mm f/1.4 cのスペック

対応マウント

SONY E
FUJIFILM  X
マイクロフォーサーズ
Canon EF-S
Nikon Z
L(バヨネット)

フォーカス MF(マニュアルフォーカス)
レンズ構成 6群7枚
対応センサーサイズ APS-C
最短撮影距離 0.28m
絞り F1.4-F16
絞り羽根 10枚
フィルター径 39mm
サイズ Φ約56mm × 約50mm
重さ 約180g

ミラーレスを中心に結構色々なマウントに対応しています。

特にNikon Zに対応しているというのはサードパーティ製が少ない現状において、ユーザーからすると嬉しい部分なのではないでしょうか。

ただ、このレンズはMFレンズとなります。

AFはできないので自分でピントを合わせる必要がありますが、ミラーレスであればMFレンズでもピントは合わせやすいですし、そこまでストレスは感じないかと思います。※1そもそもそこに面倒さを感じている人はMF買わないでしょうけど

MTFなどのもう少し詳しい情報は焦点工房さんのページよりどうぞ

銘匠光学 TTArtisan 35mm f/1.4 C 単焦点レンズ-焦点工房オンラインストア
大口径F1.4、APS-Cセンサー対応 上質さを纏うコンパクトなレンズ|Product By TTArtisan 銘匠光学(めいしょうこうがく)TTArtisan(ティーティーアーティザン)35mm f/1.4 C は、コンパクトな外観でありながら、大口径F1.4を実現したAPS-Cセンサー対応の標準レンズで...

TTArtisan 35mm f/1.4 cはとにかく安い

このレンズが注目されている理由の一つとして「とにかく安い」ということが挙げられます。

記事執筆時点でのAmazon価格

9,000円切ってます。

ちなみに私は運よくクーポンが発行されていたタイミングで買ったので、さらに安く約8,000円で購入しました。

このくらいの値段なら「あまり使わないかもしれないけど買ってみるか」とつい考えてしまうレベル。

開封の儀と外観について

価格は低いものの意外と箱などの作りはしっかりしています。

触り心地が良い。

ただ地味にプリントが雑なところが可愛い。

値段が高いレンズだったら「ここまでこだわってよ」と思うかもしれませんが、安価な価格なので全然許せます。

蓋を開けると説明書が入っています。

中身はウェブ上で出ているスペック表と特に変わらないので、あまり読む人はいないと思いますが、一応紹介しておきます。

説明書をどかすとレンズが見えてきます。

値段の割に良い感じの梱包です。

レンズキャップはねじ込み式のメタルキャップです。

かなり薄いため、使用時にカバンの中に入れておくと、中身に押しつぶされて曲がるんじゃないかと若干不安になります。

側面にはレンズ構成が記載されています。

FUJIFILMの23mm F2と比較するとこんな感じです。

23mm F2もサイズとしてはそこまで大きいサイズではないのですが、TTArtisan 35mm f/1.4はそれよりもさらに小さいサイズです。

持ち運びもかなりしやすい。

TTArtisan 35mm f/1.4 cを使ってみて感じた良さと気になる点

基本的に満足している部分の方が多いので、あまり気になるところもなかったのですが、一応良い点と気になった点をまとめます。

良いと思った点

良いと思った点は主に4つです。

・小さくて軽い
・シャープに映る
・ピントリングの動きが程良い滑らかさ
・開放と絞った時の描写を切り替えて遊べる
・金属製で安っぽさを感じない

まず、とにかくこのレンズは小さくて軽いです。

持ち運びのしやすいサイズとなっているので気軽にカバンの中に入れて持ち運ぶことができます。

今回はXマウント用を購入したのでX-Pro2に装着して使っています。

見た目好き…それだけで買ってよかったと思える。

また、安価なレンズなのにも関わらず、シャープな写りをすることも良い。

最近のレンズは大体シャープに写るので、もはやカリカリ写ること自体は特段他のレンズと比べて優れていることではないと思いますが、このレンズは安いのにも関わらず写るのです。

高いレンズが良く写るのは当たり前ですが、安いレンズだとどうしても当たり外れがあります。

F2.8〜F4あたりでもうそれなりに良く写ってきますし、F5.6〜F8まで絞るといわゆる現代レンズ的なカリッとした写りを出してくれます。

ただ、開放に関してはふわふわした写りになります。

オールドレンズっぽい感じです。

この開放と絞った時の写り方が結構違うので、撮りたい雰囲気に合わせて風景写真でも開放を使うと、どことなく柔らかい写真が撮れて良いです。

あと最後に質感が良いので安っぽさがないです。

価格を抑えたレンズというと、どうしてもプラスチックなどを利用して安価になることが多いです。

むしろ、そうなるのが普通だろと思っていたわけですが、TTArtisanのシリーズは金属製となっているので全然安っぽさを感じません。

安いのにちょっと所有感がある不思議なレンズです。

気になる点

このレンズは逆光耐性はそこまで強くないと言われています。

驚異のコストパフォーマンス!【TTArtisan 35mm/f1.4 C】レビュー | じゃんぱら 店員に聞け+ お役立ちコラム カメラを楽しむ
どうも一生、カメラに夢中のものです。 コロナ禍はなかなか収まってくれませんが写真を撮りたい気持ちはいつもありますよね。 手持ちのレンズに新たな仲間を迎えました。 【銘匠光学 TTArtisan 35mm/f1.4C】中国製のAPS-Cフォーマットレンズです。 なんといっても価格が魅力的でA◯azonで9,000円(!)...
【作例あり】9000円以下の最強レンズ 銘匠光学 TTArtisan 35mm F1.4 C | THE MAP TIMES
銘匠光学 TTArtisan 35mm F1.4 Cのレビュー記事です。本体はフジフイルム X-T4を使用しました。 フィルムシミュレーションとの相性抜群の本レンズ、9000円というXマウントレンズとしては破格ながら非常に良い写りをします。是非ご覧ください。

私も何度か逆光での撮影を試してみましたが上手い具合にフレアとか出なかったので例を載せられませんでした…

逆光での作例が気になる方は上記の記事も参考にしていただければと思います。

ただ、逆に言えば普通に使っている分にはほぼ気になりません。

明らかに「フレアとかゴースト出すぞ!」って思って撮らない限り目立つ感じでは出ないですね。

最近のレンズは逆光耐性が強くなっているので、少しデメリットに感じてしまう人もいるかもしれませんが、9,000円のレンズにそこまで求めるか?と言われるとNoだと思います。

特定の条件下で多少問題があったとしても、ほとんどの撮影条件ではよく写るため、非常に完成度の高いレンズだと言えます。

写りとは関係ないけどややマウント部が硬い気がする

写りとは関係ないですが、やや着脱する時に硬い気がします。

これは個体差なのかもしれないので、たまたま私のレンズが硬い可能性もありますが、やや硬めということに加えてレンズが小さいため、少し外しにくさがあります。

レンズの根元を持たないとフォーカスリングが回ってしまいますし、気を遣いながらいつも着脱しています。

TTArtisan 35mm f/1.4 cの作例

ここで何枚かX-Pro2との組み合わせで撮影した写真をぺたぺた貼ります。

色味に関してはPROVIAを適用させて、明るさだけ少し調整した程度です。

9,000円という価格ならまず「損をした」と思わせないクオリティ

安いレンズになると安かろう悪かろうという半ば諦めに近い気持ちが出てくるかもしれませんが、TTArtisan 35mm f/1.4は作りや描写も良く非常に満足感の高いレンズとなっています。

少なくとも「9,000円の価値はない」と思う方はあまりいないかと思います。

ここまで写れば十分じゃないでしょうか。

現在TTArtisanのAPS-Cレンズは今回のレンズ以外にも17mm F1.4と50mm F1.2があるので自分の好きな焦点距離に合わせて広角から中望遠まで安価に揃えることができます。

ミラーレスであればMFレンズも快適にピントを合わせることができるので、スナップ用途であればTTartisanシリーズで単焦点は揃えてしまっても良いかもしれません。

私も追加購入しそうです。(特に50mm F1.2)

補足説明

補足説明
1 そもそもそこに面倒さを感じている人はMF買わないでしょうけど
プロフィール

Webマーケティング・ライター・カメラマンと幅広くお仕事させていただいております。
ガジェットやカメラ系の話題が多いです。

カメラは複数のマウントで運用中。
SIGMA・SONY・FUJIFILM・RICOH

お問い合わせは下記のメールまで
syabelog@gmail.com

わっちをフォローする
カメラ
わっちをフォローする
しゃべろぐ〜カメラとガジェットのブログ〜
タイトルとURLをコピーしました