Nikon D750のファインダーを丸窓化&マグニファイングアイピースと接眼当てを装着!【NEPS1 + DK-17M + DK-3】

D750はファインダーが四角

Nikonフラグシップモデルに関しては丸窓というスタイルを取っています。

対してD750はエントリーフルサイズという立ち位置になるためファインダーが四角です。

私自身「フラグシップモデルの丸窓じゃなきゃ嫌だ!」ってことはないですけど、以前D800でも使用していた接眼目当てを使いたいと思っていたので、D750のファインダーを丸窓化する作業をしてみました。

【関連記事】
www.syabelog.site

丸窓にしたかったのはもう一つ理由が…

D800の時にも装着はしていたマグニファイングアイピースをD750にも装着したかったのがもう一つの理由。

最近オールドレンズに手を出してこともあり、MFでピント合わせをするのですが、どうにも目が疲れてしまうことが多いわけです。

そこでマグニファイングアイピースを装着して少しでも視野倍率を上げようと思いました。

D750を丸窓にする方法

今回のゴールは接眼目当てとマグニファイングアイピースを装着することがゴールです。

しかし、その過程で四角ファインダーを丸窓にする必要があります。

この時必要な備品はこれです。

shop.nikon-image.com

このNEPS1というアイピースアダプターを使うことによって、D750のファインダー部分を丸窓の形にすることができます。

そしてマグニファイングアイピース DK-17M

www.nikon-image.com

もしマグニファイングアイピースじゃなくて通常のアイピースでいいよって人はDK-17Aを購入してください。

www.nikon-image.com

更に今回はあの接眼目当てもつけるのでDK-3も購入します。

www.nikon-image.com

よって今回の組み合わせは以下のようになります。

① NEPS1 + DK-17M + DK-3 → D750が丸窓になってマグニファイングアイピース装着&大きめの接眼目当て

② NEPS1 + DK-17A + DK-3 → D750が丸窓になって通常のアイピース&大きめ接眼目当て

③ NEPS1 + DK-17A → D750をシンプルに丸窓化

おそらく多くの人は③でいいと思います。

マグニファイングアイピースは通常のアイピースと比べて少し値が張るので、必要性にかられていなければわざわざ装着するこもないでしょう。

装着の仕方と注意

D750のアイピースアダプターは上にスライドさせることで取り外すことができます。*1

f:id:syabelog:20180203021617j:plain:w500

そしてNEPS1を上からスライドさせて取り付け、マグニファイングアイピースとDK-17Aを装着すれば完成です。

f:id:syabelog:20180203021847j:plain:w500

結構見た目がゴツくなりますが、これで結構見やすくなるはず。

マニュアルフォーカスのレンズを追加で買いたくなりますね。
サムヤンとか手出そうかな。

マグニファイングアイピースとDK-3を装着する時の注意点

マグニファイングアイピースとDK-3をアイピースアダプターに装着させる時は、先にマグニファイングアイピースとDK-3の組み合わせを作ってから取り付けましょう。

つまりこんな感じ

f:id:syabelog:20180203022128j:plain:w500

先にマグニファイングアイピースを装着して、その上からDK-3を被せようとするとなかなか上手くいきません。

なのでDK-3の内側から押し出すような形で先にマグニファイングアイピースにDK-3を取り付け、そのセットを改めてアイピースアダプターに取り付けるという流れが楽だと思います。

やっぱ見やすいマグニファイングアイピース

D800を使っていた時もマグニファイングアイピースは使っていたのですが、改めて装着してみるとやっぱ見やすいです。

マニュアルフォーカスの時のピントの山がわかりやすくなるので非常に助かります。

見た目重視で丸窓にするも良し、機能追求で丸窓にするも良しというD750の丸窓カスマイズ編でした。

*1:余談ですが、たまにこの状態になって感電量販店で展示してあるカメラありますよね。あれめっちゃ見にくいんでファインダー覗いた感覚わからなくて地味に困る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。