スマホなのにCanonレンズが使えるCM1の最終形態がYONGNUOから発表された

スマホでの撮影は意外と少ない

スマホのカメラ進化が凄まじい今日この頃ですが私はほとんどスマホカメラを使うことはありません。

適当にパシャっと撮るくらい(記録的な意味合いで)ならスマホで撮りますが「写真を撮るぞ!」って言う時は一眼を持ち出します。

一眼も外出時はほぼ持ち歩いているためスマホカメラの稼働率がかなり少ないですが、スマホでサッと出してすぐに取れる手軽さはやっぱり非常に素晴らしい。

YONGNUOがCanonレンズを付けられるスマホを発表

そんな希望を叶えてくれそうなカメラがYONGNUOから発表されました。

しかもなんとCanonのEFレンズがつけられるAndroidスマホ。

 

 

現在の名称はYN450らしいですが、あくまでも仮とのことなので今後正式名称が発表されるでしょう。

現在わかっているスペックは下記の通りです。

OS Android 7.1 Nougat
ディスプレイサイズ 5.0インチ(FHD)
CPU
Qualcomm製オクタコア
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
バッテリー 4000ml
マウント Canon EFマウント
センサーサイズ マイクロフォーサーズ
画素数 1,600万画素
LTE対応 ○(3Gも対応とのこと)
GPS

センサーはどうやらPanasonic製のようです。

なんだこれは。CM1の最終形態かこれは。

個人的にはPanasonicのC1の後継機をもう何年も待ち続けているのですが全く出る気配がないので悲しかったわけですが、今回はYONGNUOから面白そうなカメラ(スマホ?)が登場したので値段によっては買ってみたいと思います。

ただ、この機種の機能をフル活用するには技適問題がありますのでそこをクリアしてるかどうかが非常に重要。

もしクリアしてるなら適当に撮影&直ぐにLightroomへ取り込んでSNSにアップ、またはLINEで友達と共有みたいなことができます。

めっちゃ楽ですね。欲しいよこれ。

使えるレンズはCanonのEFレンズとなりますのでパンケーキレンズなどを使うと持ち運びも軽快で結構面白いのでは。

一眼カメラもスマホとの連携機能がほぼ搭載されていますが、ミラーレスカメラに各社力を入れるならここまで突っ込んだカメラを作って欲しいという期待があります。

Android搭載型となるとCanonやNikonは厳しいでしょうし、この分野だとSONYとPanasonicが強いんじゃないでしょうか。

EマウントでAPS-Cセンサーが乗っているAndroidスマホとか良いですよね。

夢が広がります。

 

情報元ページ:https://photorumors.com/2018/10/31/more-info-on-the-upcoming-yongnuo-yn450-smart-4g-mirrorless-interchangeable-lens-android-based-camera/

ヨンヌオFacebook:https://www.facebook.com/hkyongnuo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です