オールドレンズ遊びをはじめました HELIOS 44M-4 58mm/F2

とうとう手を出してしまったオールドレンズ

「カメラは沼」とよく言われますけど、その中でも特に沼が深そうな部類の一つに当てはまるのがオールドレンズ沼でしょう。

オールドレンズの定義というものは曖昧ですが、個人的にはフィルム時代のレンズはオールドレンズかなという印象です。

オールドレンズにハマるとフィルムカメラにハマり、そして中版へと導かれるのでしょう。

私はその一歩を進んでしまったという事になります。

今回購入したのはHELIOS 44M-4 58mm/F2

HELIOSといえばぐるぐるボケを演出してくれる有名なレンズでオールドレンズファン以外の方でもHELIOSだけは持っているという方もいるのではないでしょうか。

f:id:syabelog:20171108004431j:plain

HELIOSにはいくつか型番があり、私が購入したHELIOS 44M-4は割りと後期のモデルです。

モデルによって写りも変わってくるようですが、今回は「とりあえず買ってみる」というコンセプトのもと購入したので、このモデルを買ったのはたまたまです。

ヤフオクで1万前後くらいでゴロゴロ出てくるので気になってる方はぜひ買ってみてください。
安いは正義。

一緒にマウントアダプターもついて来たのですが、あまりにも貧弱そうだったためAmazonでマウントアダプターだけ買い直し。

マウントアダプターといえばK&F。

今回はM42マウントからFマウントに変換するアダプターです。

実際に装着してみるとこんな感じ

f:id:syabelog:20171108005134j:plain

大きすぎることもなく、コンパクトな単焦点ですね。

使っていて重さも感じないので気軽なスナップ用途としてドンピシャです。

まだ実働1回だけなので作例など写りなどに関しては次回の記事でお話したいと思います。

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。