iPhoneとAndroidでInstagramの縦構図写真を切り取らずに投稿する方法

Instagramの投稿画像はフォーマットが決まっている

Instagramは画像の投稿をベースとしたSNSなのですが、何故か投稿する画像のフォーマットが限定されています。

一番ベーシックなものは1:1のスクエアタイプのもので、多くの人はこの形式に沿って画像をトリミングしたり、最初からスクエアのフォーマットで撮影をしたりしていると思います。

横構図は良いが縦構図は…

基本的には最初に述べたように1:1の比率で投稿をすればOKです。

しかし、カメラのフォーマットで多いのは3:4や16:9です。

最初からスクエア型にトリミングをする前提で撮影をしたのならまだしも、トリミングなしで構図などを考えて撮影をした場合はトリミングをするのが少し心苦しいです。

横構図の写真は写真の比率を広げても特に問題なく投稿できるのですが縦構図はそうもいきません。

縦画像の場合はなぜか4:5で設定されています。

つまり比率が合わないため写真の上下をある程度切り取る必要が出てくるということです。

日の丸構図的な感じで中央にメインの被写体が写っていればいいやって写真なら多少トリミングしても見え方は変わらないかもしれませんが、枠内いっぱい使って構図を決めた写真は一部を切り取ってしまうとどうも違和感が残ります。

そのため縦構図でもしっかり全体を残したまま投稿したいという時はひと工夫をする必要が出てきます。

普段どうやって縦構図の写真を投稿しているか

横画像なら特に編集することなくLightroom CC(スマホ版)から書き出しを行ってそのまま投稿してます。

しかし、縦構図の場合は先に述べたようにInstagramのフォーマットの関係上縦の要素を切り取らなければなりません。

それを防ぐためにすぐ投稿するのではなく、画像全体の比を変えるために一回編集作業を挟んでいます。

めんどくさいですね…

縦構図にして投稿できるアプリ

iPhone・iPadの場合

画像サイズの編集というところでは王道中の王道であるAdobe製品を使うのがおすすめ。

私が使っているのはAdobe Photoshop Mix

このアプリで4:5のサイズでカンバスを作り、投稿したい画像を中にはめ込むだけです。

 

 

ちなみに長辺を2,000にしているわけはLightroom CCをスマートプレビューから書き出すと2,560pxまでの制限がかかるようなのでそれに合わせてる形です。

そこからあと2,000にしておくことで比の計算がしやすかったとか適当な理由です。

4:5画像の作り方

作り方はそこまで難しくないです。

まずアプリを開いてカンバスサイズを指定したファイルの編集画面に行きます。

そしてレイヤーの追加で投稿予定の写真を設定。

 

 

貼り付けが完了したらあとはカメラロールに書き出すだけです。

 

 

ちなみに今回のような設定をして投稿すると下の様になります。

 

 

左右に若干枠ができるものの縦の比率を変えることなく投稿できています。

Androidの場合

AndroidにもAdobe Photoshop Mixはあるので普通に考えれば同じアプリを使えばいいんですけど、私はAdobe Campを使っています。

というのもiOSとAndroidで若干仕様が違うのかカンバスサイズをカスタムで作ることができず4:5の比率で書き出すことができなかったからです…

 

 

何故カンバスサイズの項目がない。

最近Android機を久々に導入してそっちでも投稿できるようにしようとしたのですがまさかここで躓くとは。

私のやり方が間違っている可能性もあるのですが、色々いじった感じすぐにカンバスサイズをカスタムで設定できない感じがしたので諦めてAdobe Campへ。

Adobe Campは元々画像編集用のアプリではなくサイトのデザインなどをアウトプットするソフトなのですが、こちらで無理やり4:5の画像を作っています。

アプリを起動するとフォーマットを選べるのでここで4:5の比率でベースを作ります。

 

 

フォーマットを選んだ後はAdobe Photoshop Mixと同じように枠へ画像を収めるだけです。

 

 

ちなみにAdobe Campの場合は編集したものを端末に保存することなくそのままInstagramへ投稿することができます。

 

 

右上の矢印アイコンをクリックして「画像を共有」を選択することでシェア先のサービスやアプリが表示されます。

 

 

これでInstagramを選べば自動で投稿画面へ移動します。

そして実際に投稿したものが下のものです。

 

 

ちゃんとAdobe Photoshop Mixを使ったときと同じ感じで投稿できています。

面倒だけど縦構図好きだし仕方ない

Instagram自体が投稿する画像の比率を16:9や4:3に対応してくれればそれで全く問題ないのですが、現状対応していないのでこの面倒な作業をしないといけません。

何度もこの作業をしているので最近は慣れましたが簡略化できるに越したことはないです。

Instagramは一眼ユーザーも増えたでしょうしこのあたりはアップデートしてほしいなあと思う次第です。

もっとシンプルに作業をしたいという方は正方形さんというアプリもあるのでそっちを試してみるのも良いかもしれません。

ただ広告が結構出たりするらしいです。

私はAdobe製品好きなのでAdobeのアプリ使ってますが、どれを使うかは自分に合っているものを選ぶ形で。