Skypeの通知を受け取れなくなったので原因と対策を考えた話

ある時からSkypeの通知が来なくなった

いま私が所属している会社は社内のコミュニケーションツールでChatWorkとSkypeを併用しています。

 

使い分けとしては仕事関係の話はChatWorkで行い、その他の連絡に関してはSkypeという形で分けています。

 

しかしまあ、仕事をするために出勤をしているわけで自然とやり取りの9割以上はChatWorkで行っており、Skypeはたまーに通知が来てそれに反応するくらいでした。

 

ちなみに普段は最小化などをしてます。

連絡の見落としが増えた

元々Skypeは通知が来たタイミングで確認をしにいくくらいだったのですが、連絡が来たら右下にポップアップが表示されるわけで、画面を見ていれば連絡に気がつかないということはありません。

 

しかし、ある時期から気がつくと着信が来ている連絡に対して数時間返信してないという状況が多発しました。

 

いくら仕事上のやり取りはChatWorkで行うとしてもSkypeで来た連絡に対して全く返信をしないのは具合が悪いですし、このままにしておくのはまずい。

 

さすがに業務にも支障が出るかもと思ったのでなあなあにしないで色々と原因や解決策を探してみました。

通知が来なくなった原因を探る

まず私が色々と探ってみたのは下記の4つ

 

・ソフトの通知設定
・ソフトのバージョンが最新になっているか
・ログインがちゃんとできているかどうか
・Windowsのバージョン・更新プログラムが最新になっているか

 

こういう時って意外とソフト側で通知を切っていたとかがあるんです。

 

灯台下暗しってやつですね。

 

しかし、今回しっかり通知設定はされてました。

 

他にもバージョン確認・ログイン状態・Windowsの更新プログラムまでも確認をしました。

 

でも全く問題はなかったんですよね…

なんとか通知を受け取るために試したこと

ソフト側などで問題がないことがわかったのであっという間に暗礁へ乗り上げてしまいました。

 

でもなんとか通知は受け取りたいので違う方法にて試してみることに。

ZapierでSkypeとChatWorkの連携

Zapierというのは「Aというサービスで特定の動作を起こした時にBで特定の動作を起こす」という形で連携をさせることができるサービスです。

 

 

私がこれで行うとしたのはSkypeで通知が来るとChatWorkにも通知が来るようにBOTを仕込むというものです。

 

一応Zapierのアカウントは作成してSkypeとChatWorkの設定をすれば完了だったのですが、結果的にはこの方法は試してません。

 

途中で「なんでわざわざまどろっこしい方法をしなきゃいけないんだ」と思ったので。

 

でもZapier自体は使い所によってはかなり便利そうなので違う業務で使ってみようかなと検討してます。

FranzでSkypeとChatWorkを一元管理

Franzというのは複数のメッセージサービスをひとつの場所で管理できるアプリケーションです。

 

 

ChatWorkとSkypeをこのアプリだけで管理できるとしたらそれはそれで便利かなと思ったのでとりあえずインストール。

 

設定も特に難しいことは無く難なく完了したのですが、私は仮想デスクトップで色んなところにChatWorkを開いてやり取りしたりするので、ChatWorkが開ける場所を限定的にしてしまうflizeは結果的に私の運用に合わないと感じてしまいました。

 

仮想デスクトップ使わない人とかなら便利なんですけどね。一元管理できるので。

 

あと通知機能も仮想デスクトップで作業中の場所以外にflizeがあると上手く通知してくれない様でしたので実用段階に乗せる前に断念しました。

通知が来なかった原因とその時の対応

色々と調べたり試したりしていく中で「そもそもSkypeって種類いくつかあるけど、それが駄目なのでは?」という仮説が生まれました。

 

かつて利用していたSkypeは通常のデスクトップ版でしたが、現在利用しているものはWindows10バージョンでした。

 

たしかどこかのタイミングで「最新版のSkypeを使おう!」みたいな感じでアップデートかけた記憶があるので、その時にデフォルトソフトが切り替わった可能性があります。

 

私の認識としてはただ最新版になるだけで根本のソフトは変わらないだろうと思っていたのですが、改めてSkype公式HPやインストールされてるソフトを確認したらWindows10版に。

 

「あぁ、多分これだ」と思いSkypeの公式HPへ行き、ダウンロードの種類を確認すると「従来のSkypeをダウンロード」と「ストアからのダウンロード」という形で別れています。

 

従来のSkypeをインストールしたら通知が来た!

「従来のSkype」をインストールしてデフォルトもそちらに設定をしたところ無事通知が来ました。

 

どうしてここまで苦労しなくてはいけなかったのか非常に悔やまれますが、無事問題解決して良かったです。

 

Skypeのバージョン確認をした時はあくまでも最新バージョンになっているかの確認だったので、そもそもそのソフトが今まで使っていたものとは違うのかというところまでは見てませんでした…

 

最近は最新版になるとフラットデザインに変わるやつとか多いですから気が付かなったんですよね。

 

色々と通知の挙動を確認したところストアからやつ(Windows10版)は仮想デスクトップを利用していて、表示中のデスクトップ以外にアプリを置いていると通知が来ないのかも。

 

従来のSkypeをインストールした後では違うデスクトップに置いていても問題なくポップアップの通知は来ていたので。

 

まあ、今回みたいなケースは割と作業環境に依存してしまったパターンのような気がするので参考になる点は少ないかもしれませんが、もしSkypeの調子が悪ければWindows10版か今までのデスクトップ版かを確認したほうが良いかもしれませんね。

 

デザイン的にはWindows10版の方が好きなんですけどね。そっちで通知が受け取れるようになるならそれに越したことはないのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です