APS-Cカメラでもフルサイズのレンズを買うべき理由

f:id:syabelog:20170911175102j:plain:w500

一眼カメラを購入したら次はレンズを選ぶと思いますが、 APS-Cサイズのカメラを買った方は「APS-C買ったしレンズもそれに揃えよう」と思うかもしれません。

 

しかし、私個人としてはちょっと高くてもフルサイズ用のレンズを買った方が良いと思っています。

 

今回はAPS-Cカメラを買った人が後々後悔することが少なくなるようにと思って記事にします。

 

とりあずフルサイズ!という理由

レンズ選びする時はとりあずフルサイズ用をまずチェックするのオススメします。

 

それは利便性であったり経済的な理由などがありますので参考までに。

大は小を兼ねる

フルサイズ用のレンズは当然の事ながらフルサイズのセンサーサイズに合わせて作られているのでAPS-Cサイズのカメラに装着しても写りには全く問題ありません。

 

しかし、その逆となると話は変わります。

 

APS-Cサイズのレンズをフルサイズに装着すると、フルサイズのセンサーサイズよりも小さいため四隅がケラれてしまいます。

 

f:id:syabelog:20170911173102p:plain:w500
※極端ですがこんな感じで写ります。

 

あえて「これは私の作風だ!」というのであれば別に構いませんが、普通の人はまあ嫌でしょう。ケラれているのは。

 

もしフルサイズのレンズを買えばフルサイズボディとAPS-Cボディで問題なくレンズ共有ができるのですが、APS-Cでよく使っている焦点距離のレンズをフルサイズに装着しようとすると、結局フルサイズ用も買う羽目になるので、大は小を兼ねるという感じでフルサイズレンズを優先して買ったほうが良いです。

 

ちょっと高くても後々のことを考えるとフルサイズ用がオススメ

そもそもカメラを買ってキットレンズでは物足りなくなってしまった 人はどんどんレンズを購入していくでしょう。

 

仮にAPS-Cサイズを最初は使っていたとしても、段々とフルサイズという甘い響きに惑わされてマップカメラとヨドバシを往復する日常になることも珍しくありません。

 

もし最初に買い揃えていたレンズが全部APS-Cだとしたらフルサイズ用のレンズを最初から揃える必要があるので、もはやマウント替えと同じレベルの出資が必要になります。

 

私も過去にα65・α77Ⅱを使っていた時にAマウントレンズがAPS-C用しか揃えていなかったため、仮にα99を買ったとしても「レンズまた集め直しか…」と思い、いっその事ということでNikonに鞍替えした過去があります。

 

しかもAPS-C用のレンズは比較的安価なレンズが多いので下取りに出そうとしても全然お金にならないケースが多々あります。

 

それだったら最初かフルサイズ用のレンズを買ったほうが経済的な買い物になると言えるでしょう。

 

APS-C用は明確な目的がある時だけ

とはいえ、APS-C用のレンズを全否定するわけではありません。

 

先ほど述べたようにAPS-C用は安いレンズが多いので、フルサイズ用のレンズではカバーしきれない焦点距離のレンズをAPS-Cで補うという使い方は良いと思います。

 

あとAPS-C用のレンズは小さいのでシステムの軽量化ということも目的に入っているなら買った後の後悔はないでしょう。

 

先日Nikonの新しい10-20mmのレンズレビュー記事を書きましたが、私がこのレンズを買った理由は

 

  • 安い
  • 軽い
  • 小さい

 

この3つが揃っていたからです。

 

仮にフルサイズ用の14-24mmとか16-35mm並の大きさ・重さで値段も高い感じだったら買わなかったと思います。

 

超広角域の撮影をあまりしないこともあるので、手軽に焦点距離カバーできるならこっちでも良いかなという私の考えとマッチした感じですね。
今のところこのレンズは後悔ありません。

 

www.syabelog.site

 

あとはAPS-C用にしか出ていない特殊なレンズを使いたいとかですかね。

 

例えばSIGMAのF1.8シリーズ

www.sigma-global.com

www.sigma-global.com

 

この2つはAPS-C用しか販売されていないので、特に後者の方はポートレートで使いたい!って方が結構いるんじゃないでしょうか。

 

この18-35mmはコミケとかで大活躍しそう。

 

良い写真撮りたいからという理由でコミケに単焦点持っていくとかなり厳しいので…*1

まとめ:経済的なのはフルサイズ

f:id:syabelog:20170911173548p:plain:w500

APS-C用のレンズは直近の出費は押されられるかもしれませんが、もしも「自分はこのままカメラにハマりそうだ」と感じているならば間違いなくフルサイズ用レンズの方が良いです。

 

APS-C用のレンズが下手に揃ってしまうと、それが足かせとなってフルサイズデビューへのタイミングが掴めなくなってしまかもしれません。

 

フルサイズも全部が全部バカ高いレンズばかりではないので、レビューや知り合いからのアドバイスを参考にしつつ、吟味してレンズ選びをすると総合的な出費はかなり抑えることができると思います。

 

カメラは財布との戦いでもある趣味なので、カメラは買ったは良いけどお金がないから外出できないという本末転倒な結果にならないようにしましょう。*2

 

 

*1:人が多いのでレイヤーさんとの距離が短いのが原因。28〜35mmが一番使い易いかも

*2:自戒を込めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です